散気管を活用する工場が増えています。工場を安定した状態で運営するためには、日々の製造工程において生じる廃水処理を検討する必要があるものです。工業製品を製造する際に排出される廃水内には、高濃度の酸素と脂が包有されていることが多いものです。悪臭の原因となる硫化水素の発生は、水分中の微生物の活動が鈍化することに起因します。

河川敷に流す廃水のなかに、過度の酸素が含まれていると、水分中で微生物が活動できなくなり、悪臭を生じさせる事態に陥るのです。水分中に含まれる脂のサイズが大きいことも環境汚染の原因に繋がります。微生物が捕食できない大きさに、脂分が固まっていると、廃水のなかの油脂がそのまま川底に沈殿していきます。廃水処理の際に、余分な脂分を除去しないことは、生態系への悪影響と共に、河川敷の情景をも悪化させてしまうのです。

散気管を用いることで、環境基準に抵触しない工場運営が実現するだけではなく、周辺環境や生態系への悪影響も生じなくなるのです。工場によっては、散気管ではなく、旧型の浄化設備であるディフューザーを使うところもあります。旧型の浄化設備であるディフューザーは、浄化効率が悪いだけではなく、使用にあたっての電力消費も高まってしまう傾向があるものです。散気管を活用することは、廃水に包有される酸素や脂分を効率的に浄化できるだけではなく、省エネ効果を得ることへも繋がるのです。

安定した工場運営のためには、日々の廃水処理に対する検討を進めることが必要なのです。散気管のことならこちら