1970年代から90年代における公害の反省から、各自治体や企業が川などの水源の保全に取り組んでいます。皮などの水源が悪化してしまうと、最終的には人間に対して影響が出てしまうからです。そのため水質保全は大事とされているのですが、近年では地球温暖化による気温の上昇によりプランクトンの大量発生など水質が悪化しやすい環境下になっています。さらにコンクリート造りになっていることで、水の停滞しやすく汚れが蓄積しやすい環境にもなっているのです。

環境自体の変動による影響は自然の力だけでは対処しきれないので、そこで人間が人工的に水質改善の手伝いをすることが重要になるのです。その水質改善を行う人工的な技術が散気管です。散気管は特注のプラスチックにミクロ単位の穴をあいている機器であり、その穴に空気を送り込む装置を取り付けることで無数のバブルを発生させます。水質を悪化させる要因としては、赤潮のようにプランクトンが大量発生してしまうことそして干潮によって水の流れが落ち着てしまうことです。

そこで散気管を使うことによって、無数のバブルが水の中で発生します。バブルが発生した水には大量の酸素が送り込まれるので、水中に生きる生き物が酸欠にならずにこれまで通りに生息することができます。そしてバブルによって発生した波は、停滞中の水に動きを与えることで汚れの蓄積を防いでくれるのです。このように自然の力では対処しづらい水質になったときに、散気管のような技術を利用することによって水質改善が見込めます。