散気管は様々なところで活用されており、特に製造業には欠かせない設備の一つとされています。「より効率良く便利に」ということで、最近ではその種類なども多様になってきています。散気管装置と言うのが正しい名称とされているのですが、散気管は「エアディフューザー・エアレーター」と呼ばれることもあり、略しても通じることが多いとのことです。簡単に言うと「酸素を送り込んで水を綺麗にする」という役割があります。

食品や機械を多く扱う工場では汚水が発生しますので、エアレーターを上手く活用することで環境にも配慮されるのです。1960年あたりの頃に工場から出された廃液が問題となった時期がありましたので、現在では法律で厳しい制限が設けられています。散気管の多くは主に水槽や浄化槽などと繋がっていて、浄化槽には水を浄化するための微生物が入れられていることが多いです。それらによって水を浄化していくという構造になっています。

また、ただ空気を送り込んでいるわけではなく、内部の構造自体はとても複雑です。エアレーターに関しましては身近なものに例えますと、熱帯魚などを家庭で飼う際に使用するブクブクと酸素を送り込む装置などがあげられます。水の中に酸素を溶け込ませると、魚がエラ呼吸をしやすいのでとても大切です。家庭で使用するような装置には小さなものが多く見受けられますが、工場などでは基本的に浄化槽などの大きさに比例して、散気管の装置も大きなものを使用する必要があります。