スクラバーは、工場などで発生した排ガス・有害ガスを無害な状態にして大気中に排出するための装置です。工場で生じるガスの種類は製品や製造方法で異なり、そのガスの種類によって人体や自然界に及ぶ悪影響には違いがみられます。また、スクラバーが処理できる排ガスの種類についても、メーカーおよび製品で違いがあります。排ガスが出る工場の種類は、大別して鋳造・製薬・化学・ゴム製品加工に分かれます。

鋳造工場では、粉塵混じりの排ガスが発生したり、レジンを含むアンモニアなどの悪臭を放つ気体物質が発生します。心身的な悪影響が懸念されますが、粉塵や強い悪臭の処理は難度が高いため、100%気体接触など優れた性能を持つスクラバーが向きます。製薬工場では、特に漢方薬を取り扱うところで強い悪臭が発生します。健康被害も懸念されますが、何より近隣住民に大きな不快感を与える可能性があります。

近くに住宅がある生産工場は周辺からの評判も注意すべきなので、排ガスを害のない無臭状態にして放出する必要があると言えます。化学工場は取り扱う製品によって、多様な有害物質や悪臭の発生が推測されます。中には人体に油外なものもあるため、スクラバーは欠かせません。ゴム製品加工工場では有機溶剤や粉塵が混ざった排ガスが出たり、シリコンなどの影響で悪臭が出ることもあります近隣隣住民に迷惑をかけないよう、悪臭をなくしてから大気に排出するスクラバーが必要です。