工場内で生じたガスの中には有害な物質が含まれるものも少なくありませんし、排ガスの多くは大気中にそのままでは放出させることはできませんので適切な処理が欠かせません。スクラバーは、大気中にそのまま放出できるよう、吸着・水洗浄・薬液による中和、これらの処理を施して大気に放出可能にするための装置です。工場で発生する排ガスには有毒な物質が含まれていたり、このような物質が含まれていない場合でも臭いがあるものも少なくありません。臭いも含めると環境に悪影響を与えることになりますし、近隣に住んでいる人々にも迷惑をかける、健康被害が起こる可能性も高まります。

スクラバーは、こうしたリスクを最小限に抑えることができる環境に優しい装置といっても過言ではありません。工場から排出されるガスの種類は、どのようなものを取り扱っているのか、製造方法がどのようなやり方であるのか、これらの違いで異なります。例えば、鋳造工場などの場合は粉塵が混在している排ガスやレジンが含まれるアンモニア臭を持つものが生じるといいます。粉塵が混ざり合ったものがそのまま大気中に放出されてしまうと、人の体の中に入り込んで肺や気管などに達して呼吸器に悪影響を及ぼすこともあるといわれており、スクラバーによる処理は必須です。

さらに、アンモニア臭などのような強い臭気物が大気に排出されてしまえば、周辺住民への迷惑もかかるわけですからスクラバーでの処理は必須です。スクラバーのことならこちら