大気汚染を防止し、工業的な粉塵の粒子やガスを除去することができるスクラバーは、化学実験室や化学工場ではなくてはならない重要な装置です。化学実験室や化学工場などで発生する有毒ガスを吸着し、水洗や薬液中和処理してから排出することができる装置で、一般的には大型で高額となっています。小規模な実験室や化学物質を扱う研究所、工場などでは費用が高いことと設置面積が大きいことから、実験や製造自体をためらうことがありますが、少ない排気量向けに開発されている小型のスクラバーなら、設置しやすいのでおすすめです。小型スクラバーは、従来の大型のもとと比較するとコンパクトにできていますが、高性能で処理能力に見合った設置をすると大型と同じような効果が期待できます。

病院や保健所、公共施設をはじめ学校や会議室、店舗など多くの人が集まる場所に使いやすい移動式のスクラバーも登場しており、室内を安全で安心して過ごすことができる空気に政情することも可能です。ウィルスや細菌を殺菌したり、不活性化したりする高性能な空気清浄機能が搭載されているモデルも登場しており、工場や実験室だけでなく、利用範囲が広がってきています。スクラバーを設置するときには、広さや化学物質やガス、粉塵等の種類や量などによってコストパフォーマンスが高く、適正な処理能力のモデルを選ぶことが大変重要です。購入をする前に、いくつかのメーカーに問い合わせるとともに、現地調査や見積もりを取って比較をしてから選ぶと良いでしょう。