科学技術の発展により、私たちの生活は文化的なものになりましたが、その反面、悪名高い環境問題が起きました。私たちが住む世界の環境を汚染しないためには、工場などから出てくる生産機器からの排気ガスなどを清浄化する必要があります。この清浄化を行う際にはさまざまな手法が用いられますが、その際に使われるのがスクラバーです。スクラバーは、別名を洗浄塔と言いますが、このスクラバーがあることによって、工場外に出る排気ガスが無害なものになるわけです。

環境を汚染しにくいような排気ガスを出すということは、工場の使命として最も大切なものに入ります。これは工場周辺に住んでいる人の健康を保つことになるからです。以前は、このような設備が不足していたために、さまざまな環境問題が出てきて公害問題として知られていました。じん肺などもその一つです。

現在では、環境意識の高まりや科学技術の進歩によって、様々なスクラバーが開発されています。どのようなものを、どのような排気ガスに対して行うかということについてはそれぞれ相性がありますので、対応について十分に考える必要があります。いずれにしても、基本的な考え方として大気を汚さないというのが一番です。そのことによって、私達は自然と共生していくことになるわけです。

自然と共生するということ自体が、私達が長く生きながらええるということになります。従って、環境問題は工場の持ち主や工場関係者だけの問題ではなく、住民や地域を含めた私たち全体の問題であるという事を認識する事が大切です。