スクラバーは別名洗浄塔とも呼ばれその呼称の理由は、筒状の装置で細長い塔のような形状が多く見られることからきています。スクラバーの役割は排ガス処理装置で、粉塵や汚染物質などを工場などから出る排ガスから除去するためのものです。排ガス処理装置としての工場などによるスクラバーの設置導入には重要な事情があります。臭気物質と汚染物質や有毒ガスなどが処理ガスと排ガスを出す、化学工場や食品工場または実験室などの排ガスに含まれている場合が問題です。

悪臭と汚染物質で迷惑を近隣住民にかけないためと環境を破壊する、大気汚染につながらないように汚染物質をそのまま放出することは不可能です。そのため放出を可能にするために排ガスを処理し多くの汚染物質を、取り除くスクラバーの設置導入が問題解決するための必須条件といえます。スクラバーの種類には水や薬液を噴射して汚染物質の排ガスを、そこに通すことで除去するタイプが湿式洗浄塔です。一方排ガスを高い吸着性のある活性炭とフィルターなどに、通過させ処理するタイプが乾式洗浄塔です。

湿式洗浄塔の構造で充填塔式の特徴は何層かの充填材が、塔の内部に敷き詰められた状態で、その上からシャワーをかける仕組みです。排ガスを排気ファンで塔の内部に通し充填材を通過させる構造です。無充填塔式は排ガスと洗浄液を、充填材を用いずに気液接触させる仕組みです。そして乾式洗浄塔の仕組みは吸着材フィルターに排ガスを通す構造になっています。

吸着材フィルターはカートリッジ式のタイプがあるため、排ガスの種類により吸着材フィルターを使い分けることが可能です。