工業製品の製造過程において様々なガスが出るわけですが、どんなガスが出されるか、工場によって大きく違います。排出されるガスの種類を把握しなければ、効果的な排気処理対策はできません。スクラバーという排ガスや有害ガスを、吸着及び洗浄、さらに薬液中和も可能な機器があります。洗浄塔や排ガス処理装置とも言われるものです。

100%の気液接触をさせることができるデオライザーはスクラバーの1種です。その工場から出るガスの種類に応じて、最適なスクラバーを選んで使ってください。ガスをきちんと処理せずにそのまま外に放出すれば周辺住民や動物に健康影響を及ぼすかもしれません。環境影響が大きな問題になる可能性もあるでしょう。

工場スタッフの健康被害も危惧されます。スタッフの急性症状だけでなく慢性症状も心配です。鋳造工場では粉かい塵が混じったガスやレジンが含まれているアンモニアなどが生じます。粉塵が混じっているガスが、人の体の中に入り込んで肺や気管の症状を引き起こすかもしれません。

呼吸器に大きな影響を与えることもあります。スクラバーには粉塵やアンモニアなど臭気物質を取り除く機能が備わっています。デオライザーを導入すれば、粉塵と臭気物質を確実に捕捉することができるでしょう。化学工場では特に有害なホルムアルデヒドという有機溶剤などを扱います。

スクラバーはこの溶剤にも対応しています。他にゴム工場からの排出物の処理も可能です。