スクラバーは、排ガスや有害ガスなど吸着・水洗浄・薬液中和などで処理を行い、大気中に放出できるガスにできる装置の総称です。スクラバーにはいくつかの種類があるのですが湿式には、充填塔方式と無充填塔方式の2種類があるのが特徴です。充填塔方式の湿式スクラバーは、塔内部に幾層かの充填材料が敷き詰めてあり、その上からシャワーのように水を散布する構造を持ちます。排気ファンを利用して塔内部に通し充填材料を通過させる仕組みを持ちます。

一方、無充填塔方式の場合は充填材料を使いません。排ガスや有害ガスなど洗浄液を用いて気液接触させるやり方です。排ガスをブロワーで塔内部に取り込んで水と接触させる、臭気および埃などが取り除かれたガスを外部に放出させる仕組みを持つのが無充填塔方式の特徴です。なお、湿式スクラバーは塔の中に排気ガスを通して汚染物質を取り除いて、きれいにしたガスを大気中に放つやり方で、工場内で放出されるガスをそのまま大気にまかず環境に貢献できる装置といっても過言ではありません。

ちなみに、湿式に対して存在するのが乾式スクラバーです。これは、活性炭などのような吸着剤のフィルターやカートリッジを利用するタイプで、ガスに含まれる有害物質を吸着フィルターで排除する構造になります。酸性・中性・塩基性などガスの種類に合わせてフィルターが用意されているため、化学工場・食品工場・実験室・飲食店など、処理する排ガスの種類が異なるためこのような種類が用意されているわけです。スクラバーのことならこちら