ビジネスマナーの講習を受ける理由

大きな企業に就職すると新入社員はビジネスマナーの講習を受けることがあります。

その際に、新入社員側からはどうして講習を受けなければならないのかという質問が出ることがあるようです。無駄なことはしないという合理的な時代に育ってきた世代だからこその質問かもしれませんが、ビジネスマナーを教える側としても淡々と教えるのではなくどうしてビジネスの場に笑顔が必要なのか、笑顔を作ることによってどのようなメリットがあるのかを交えながら教える必要があります。既に役職に就いているベテラン社員もビジネスマナーの講習を受講することがあります。

これには、自主的な場合もあれば会社側から受講するように指示が出る場合もあるでしょう。ベテランなのに必要があるのかと思われるかもしれませんが、慣れているからこその惰性を見直すきっかけにもなり実際に講習を経て自身をアップデートできたという人もいるようです。新入社員にとってもベテラン社員にとってもビジネスの相手に対しての信頼は必要不可欠です。信頼できない相手とはビジネスはできないというのは当たり前のことですが、その当たり前のことを構築するためのものがビジネスマナーです。ベンチャー企業やIT企業、外資系企業など業界問わず信頼は必要とされ、業績・売り上げにも直結します。どんな業種にしても、利益を発生さるための基盤作りがビジネスマナーの講習でこれを受ける理由と言えるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *