ビジネスマナー講習が必要な訳

あなたはビジネスマナーに自信がありますか、日本中のビジネスマンにこの質問をすると8割のビジネスマンは、自信が無いと答えます。

それは、なぜだか分かりますかそうです。習っていないないからです。ビジネスマナーを体系立てて習うというのは日本のビジネスマンでは、ほとんど居ません。新入社員の際の最初の講習で実施する程度で、そのあとは現場で覚えるというのが基本となってしまっています。そういった状況なので、ビジネスマナーに自信のない人がいます。代表的なビジネスマナーとしては、言葉遣い・挨拶・身だしなみが挙げられます。これらは、一度覚えてしまえばいいかと言えば、時代や業界が変わることで、内容が変わってきてしまうので、注意が必要です。たとえば、身だしなみで言えば、2012年から日本でもクールビズという考え方が広まってきて、ノーネクタイであることが当たり前になって来ました。それまでは、ビジネスの場でノーネクタイというのはあり得ないという考えでした。

そうは言っても業界や立場によってはネクタイが必要になってくることもあります。そのような事は、どこからも教わることは有りません。そこで必要になってくるのが、ビジネスマナーの講習です。講習を受けることによって、時流に合ったマナーを知ることができますし社会で必要とされる事も理解ができます。もちろん、代表的な言葉遣い・挨拶・身だしなみ以外でも昨今では、リモートワークでのマナーも囁かれています。ZOOMでのマナーとしてはどんなのがあるのかそんなことも学べます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *