ビジネスマナーの講習にふさわしい服装

ビジネスマナーの講習に参加してもおかしくない服装はスーツ、もしくはオフィスカジュアルな服装が基本です。

ビジネスマナーの講習の趣旨によっては「服装自由」や「私服での参加」など、服装を指定する場合があるものの、こういった場合は「服装自由」ならスーツ、「私服での参加」ならオフィスカジュアルを意識した清潔感がある服装にすべきだと考えられています。「私服」という言葉に甘えて、Tシャツやジーパンといった普段着はご法度です。襟付きシャツにズボンあるいはスカート、ジャケットの組み合わせが妥当です。いずれにしてもシンプルな服装が一番ですが、女性なら多少派手でも構いません。派手と言っても、ストライプや花柄などオフィスに着用しても違和感がない柄物に限ります。

ヒョウ柄といったアニマル柄はビジネスマナーの講習にはふさわしくないため、絶対に選んではいけないです。ミニスカートや短パンもNGですが、オフィス用のワンピースなら女性らしい服装なのでありです。男性にしても女性にしても清潔感が求められているわけですが、それは服装だけでなく、身だしなみにも当てはまります。男性なら顔のヒゲや服に沁み込んだ汗の臭いに、女性なら濃いメイクと香水に気を付けなくてはなりません。見た目や身だしなみのせいで不快な印象を抱かれてしまい、評価が落ちてしまう可能性があるからです。前者はヒゲを剃って消臭剤や制汗剤を服に施し、後者はすっきりとしたメイクを心がけ、香水はなるべく控える事がお勧めされます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *