新入社員向けビジネスマナー教育

4月になり新入社員が一斉に入社してくると、集合研修などを行う企業も多いのではないでしょうか。

その会社の設立からの歴史や各事業の内容、職種別の仕事内容や取り扱う商品やサービスの特徴などについて学ぶ機会を作るためです。そのほか、会社によっては工場のラインに入って製造の工程を勉強する工場実習や、合宿所などに缶詰めで英語研修をやるような企業もあるかもしれません。新入社員だからこそ行うべき教育として、ビジネスマナーが挙げられます。

学生から社会人になると、社会人としてのビジネスマナーを何も知らないままです。配属先で上司などと上手く仕事をして行ったり、営業先に同行してお客様と対面したりするためには、ビジネスマナーが身に付いている必要があります。マナーというのは知っているか知らないかという問題と、それをしっかり身に付けて自然に出来るかどうかという問題があり、どちらも教育によって習得出来ます。

まずは内容を理解するために、座学でしっかりと学んでいきます。その後にロールプレイングなどによって、しっかりと身に付けていくという流れで教育を行うことで、自然と振る舞えるようになります。この教育の講師は、プロの業者に委託しても良いですし、社内に専任講師を設けるのもひとつの手です。プロの業者に委託すれば少し緊張感が高まり良い研修の空気を作れるでしょうし、社内講師であればスケジュール調整なども楽で費用も抑えられるのがメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *