ビジネスマナーの教育

言葉遣い、挨拶、名刺交換や電話対応等、社会人としてのビジネスマナーは大切です。

組織に属する社員として、会社をバックにしているという責任感をもって接遇をする必要があります。最近では、大学でもビジネスマナー講座を開催しているところもありますが、初めて社会人になった時にしっかり教育することは、鉄は熱いうちに打てという諺の通り、その後の振る舞いに影響を与えることになります。ビジネスマナーの基本は、マナーとルールの違いの認識です。

マナーなので、取り締まりがあるわけではありません。しかし、いい加減にしていると、取引先だけでなく同僚や上司からも信用を失うというリスクがあることは否めません。信用を失うことは、仕事を失うことにつながります。社会で信用を得るためにビジネスマナーが大切であることを会社は、しっかり教育する必要があるのです。ビジネスマナーは、相手への思いやりです。相手のニーズに対応したり、相手のキャラクターに柔軟に対応したりすることで、相手からの信用を得ることができるのです。特に、言葉遣いの教育は大切になります。たとえ、上司であっても取引先では敬称をつけないなどは基本です。

「分かった」というより「承知いたしました」と丁寧な言葉遣いをすることで、相手は安心感を得ることができます。仕事の場では第一印象がものをいうので、身だしなみも重要ポイントです。若者にとってはおしゃれな髪型でも、相手にとってはボサボサに見られたり、しわくちゃのスーツでは信頼して仕事を任せることができません。どうしてマナーが大切なのかを理解させることを通して、胸ふくらませて社会人となった若者が自信をつけていく教育がとても大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *