社員に伝えておきたいビジネスマナー教育とは

会社が社員を育てるうえで欠かせないのがビジネスマナー教育です。

特に新人時代は適切なビジネスマナー教育をすることで、社員としてのスキルが大幅にアップします。何よりも大切なのは挨拶であり、これは言葉だけでなく表情にも気を配る必要があります。表情は言葉以上に相手に伝わりますから、鏡を見ながらチェックすることも大切でしょう。ただ自分で鏡を見て練習をしても、どこかぎこちなくなります。ここは講師や上司がしっかりと指導する必要があり、挨拶時の目線などもチェックして伝えることが重要です。

表情が強張っていると、相手にストレスを与えてしまう可能性があります。特に初対面では表情により、相手に与える印象が大きく変わってくるのです。服装は常に清潔を心がけて、乱れがないようにしておきます。もちろん体臭が強いのも要注意であり、毎日入浴をするなどの工夫が必要でしょう。自分自身の体臭は意外と自分では気づいていない人が多いのです。人は自分にネガティブな要素があっても、自分自身への評価は甘くなる性質があるわけです。

ビジネスマナー教育では言葉の使い分けもカリキュラムに用意されています。尊敬語と謙譲語・丁寧語の違いを正しく把握し、使い分けできるようにするのが目的です。言葉とは心を表すものであり、言葉が乱暴だと性格にも難ありだと思われかねません。さらに言葉とは育ちを反映させると言われおり、言葉遣いが悪いだけで社会人として損をしてしまうのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *