社内、社外それぞれに利点があるビジネスマナー教育

日本の企業は諸外国の企業とは違い、新入社員を採用後、新入社員教育を行います。

諸外国は例え大学を卒業したばかりの社員であっても、即戦力として現場へ投入されるケースも珍しくなく、企業が学校のように教育をすることは必須であるとは考えられていません。学生もインターンシップなどを通じて企業活動に参加することが珍しくないため、採用時には既にビジネスマナーを身についていると認識されていることもあります。しかし、日本ではまだまだビジネスマナーを身に着けていないだろうという前提で新入社員教育の一環でビジネスマナーを学ばせます。

企業によってやり方は異なりますが、先輩社員に付いてビジネスマナーを学ぶスタイルや、人事が担当するケース、また社外の講師に依頼をする場合もあります。社内と社外、それぞれに利点があり、社内で行う場合はこれから一緒に長い時間を過ごすことになる会社の先輩や同僚とコミュニケーションを取りやすくなります。社外の場合は社内では対応できない講義内容を依頼することが可能となってきます。

例えば、今後海外展開を見越して採用した社員の教育を行うのに、社内に海外企業とやりとり経験のある適切な社員がいないこともあるでしょう。また、小さな企業であれば、社員教育に時間を割くことが出来ずに、社外へ委託することもあるでしょう。しかし、社外であっても利点はあり、企業内では気が付くことが出来ない視点を取り入れたり、より幅広い視野でビジネスマナーを学ぶことが出来ます。
ビジネスマナー教育のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *