教育で差がつくビジネスマナー

服装から現場での対応にいたるまで、これまでのような習慣や前例だらけのビジネス環境は様変わりしたとも言えますが、日常の社会に常識が存在するのと同様に、基本的なビジネスマナーもまた消えることはありません。

一般的に言われるビジネスマナーとは、とりたてて専門的であったり技術的なことではなく、社会的常識に近いとも言えます。業種や職種にかかわらず、約束の時間を守る、言葉使いに気をつける、或いは自分が先ではなく、相手を優先するなど、日常でも気をつけるような事の延長であることが多いものです。例えば、言葉使いに注意しなければならないのは社会人の誰しもが理解しているものですが、どこまで気をつけているのかには少なからず個人差があるものです。

日頃から誰とでも親しくなる気さくな若者なら、数回顔を合わせ、気が合っていると思った社内外の人々にはカジュアルな口調で話しがちですし、疑問に思わないどころか誰であろうと距離が近くなることは良いことだと勘違いしたりすることすらあります。年齢を問わず、社会で働く者に言葉遣いを一から説明するまでもありませんが、会社やグループなど一組織として全員の理解を確認しておくための教育は必要ですし、それなりのメリットもあります。教育次第で好印象を与えるビジネスマナーが身につけば、社員の印象や自信にもつながるでしょう。日頃の社内や現場の研修にも教育の要素は含まれている可能性は高く、やり方を工夫して取り入れてみると効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *