ビジネスマナーの教育について

ビジネスマナーを教育するにあたって、最初に理解すべきことがあります。

それはマナーはルールでなない、ということです。ルールとは、必ず守らなければならないことで、守らなかった場合に罰則が与えられます。交通ルールのスピード違反に当てはめると分かりやすいです。マナーは、それを行うことによって関わり合う人達が気持ちよく過ごすためのもの。

守らなかった際の罰則はありません。列に入りたがっている車のために、減速して入れるスペースを空けるイメージです。新しく社会人になった際、罰則が与えられないから守る必要は無いと考える人がいるかもしれませんが、それは間違いです。なぜならば、ビジネスとは人を相手にするからです。ビジネスマナーの基本である、身だしなみを例にとって考えてみましょう。ある顧客の事務所に、営業活動のために訪問すると仮定します。ある社の営業は、髭をしっかり剃り髪型が整えられています。スーツに皺は無く、シャツにはアイロンがけがされていることが分かります。

靴は頻繁に客先に通うためか、年季が入っていますが、よく磨かれています。一方で、別の会社の営業は、髪はぼさぼさで無精髭を生やしている。スーツやシャツはよれよれでスニーカーを履いています。この二人の営業が同じくらいの料金のサービスを提案してきたら、担当者はどちらを採用するでしょう。高い確率で先述の営業の提案を採用するのではないでしょうか。ビジネスマナーは行わなかった場合の罰則はありませんが、ビジネスの世界では必須です。よってその教育は重要なことになります。ビジネスマナーの教育をする際は、実際の行動を教えるよりも先に、一緒に仕事をする人たちが気持ちよく過ごすために必要なことだと伝えるべきでしょう。
ビジネスマナー教育のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *